Jリーグまるわかり・まとめKickoff

Jリーグを主にいろいろまとめていきます。
J1~J2、J3、海外サッカーの情報サイト
最新情報から懐かしい記事まで.....☆

    カテゴリ: Jリーグ助っ人外国人


    マグノアウベス・ジ・アラウージョ(Magno Alves de Araújo、1976年1月13日 - )は、ブラジル・バイーア州出身で元同国代表のプロサッカー選手。ポジションはフォワード。 地元のハトランスを経て、1995年にサンパウロ州のヴァリーニョスでプロ選手となる。プロ入り当時のポジションは右サイドミッドフィールダーだった。
    18キロバイト (1,317 語) - 2020年6月16日 (火) 02:55



    (出典 www.asahicom.jp)



    【【衝撃】“現役選手・通算ゴールランキング”1位はクリロナ!6位に元Jリーガー入る((((゜д゜;))))】の続きを読む


    レオナルド・ナシメント・ジ・アラウージョ(Leonardo Nascimento de Araújo、1969年9月5日 - )はブラジル出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはMFおよびDF。愛称はレオ。 17歳でプロ契約を結び、フラメンゴ、鹿島アントラーズ
    25キロバイト (2,149 語) - 2020年5月1日 (金) 05:54



    (出典 i.pinimg.com)

    テルも言ってるレオナルドのリフティングからのシュートヤバかったな。
    やっぱり技術!!しかも遊びの技術

    ブラジルは上手くなったら練習するらしいよ。

    【【サッカー】岩本輝雄の英雄列伝|レオナルド(鹿島)編 「それでは遅い」“貴公子”から受けた数々の恩恵】の続きを読む


    イゴル・ブルザノヴィッチ(あるいはイゴール・ブルザノヴィッチ, セルビア語: Игop Буpзaнoвић, 英語: Igor Burzanović, 1985年8月25日 - )は、ユーゴスラビア(現・モンテネグロ)・チトーグラード出身のサッカー選手。ポジションは攻撃的ミッドフィールダーおよびフォワード。
    17キロバイト (1,726 語) - 2019年9月2日 (月) 11:28



    (出典 img.aucfree.com)



    【【名古屋OB】スーパー助っ人外国人。ブルゾってどんなもんの脅威をあたえたの?】の続きを読む

    鹿島アントラーズでは8試合出場1得点を記録

    1989年度の『南米年間最優秀選手賞』を受賞
    華麗なシュートテクニックとスピード、ポジショニングを武器にゴールを量産
    スペインリーグ『デポルティボ・ラ・コルーニャ』86得点と大活躍し、
    ブラジル代表では1994年の『アメリカW杯』ではロマーリオ選手と2トップを組み優勝

    1995年に鹿島加入のタイミングがあったものの諸事情により加入ならず

    1998に開催された『フランスワールドカップ』では、ロナウドとのコンビで決勝進出


    2000年にベベットを獲得することに成功したものの
    8試合で1得点なので思うような活躍はできず・・・。

    ゆりかごダンスの生みの親だとか・・・。




    (出典 www.so-net.ne.jp)






    しょう
    @AntSke1248

    ベベットが鹿島で唯一ゴールを決めた試合#あの試合現地だったんですよ選手権

    2020-01-13 20:25:10

    (出典 @AntSke1248)


    東京では31試合出場18得点を記録

    セリエAのフィオレンティーナ、ナポリで活躍し、
    1998年に開催されたフランスワールドカップのブラジル代表メンバー


    浦和レッズに移籍するとリーグ戦に1試合も出場しないまま退団





    エジムンド・アウヴェス・デ・ソウザ・ネト(Edmundo Alves de Souza Neto, 1971年4月2日 - )は、ブラジル・リオデジャネイロ州・ニテロイ出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード。登録名はエジムンド (Edmundo) 。 1992年、CRヴァスコ・ダ・ガマのユース
    16キロバイト (1,235 語) - 2020年1月3日 (金) 04:16



    (出典 king-gear.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/07(木) 06:52:18.15 ID:h89r4L3O9.net

    スポルティーバ・新旧サッカースター列伝 第10回

    天才的なプレーの数々を見せながら、ピッチ外の強烈すぎる話題のほうで世界の注目を浴びたのが、ブラジルのエジムンドだ。Jリーグでもプレーした、破格のストライカーの人生をなぞる。

    ◆ ◆ ◆

    <水もしたたるエジムンド>

    水もしたたる、いい男。女性なら鶏群の一鶴なんて言われるが、もう一目でそれとわかる美男美女がいるもので、周囲にたくさん人がいても、そこにだけスポットライトが当たっているように見える。

    2013年にブラジルで行われたコンフェデレーションズカップの、取材エリアで見かけたエジムンドがそうだった。
    間近で見るまで、あんなに二枚目だとは思っていなかった。テレビ局の仕事をしていて、ブラジルではとても人気があるという。

    背は高くないが、なぜかパワーが漲っている感じがする。どこかの廊下ですれ違った柔道家の吉田秀彦氏と似た雰囲気だった。
    体の大きさとか筋肉ムキムキというのとは違っていて、触っただけではじかれそうな圧を纏っている。
    日本のサッカー選手では家長昭博(川崎フロンターレ)がそうだが、ほかにはそんなに思い当たらない。

    澄み切った目をしていたのも意外だった。「意外」なのは、目が澄んでいる人のイメージを持っていなかったからだ。
    端正な外見からは想像できないぐらい、エピソードが満載の人である。

    息子の誕生パーティーに呼んだサーカスのチンパンジーにビールとウィスキーを飲ませ、動物保護団体から抗議された。
    のちに本人がフェイクニュースであると否定しているが、当時は「やっぱりエジムンドは変わっている」というのが世間の反応だったと思う。
    もう、そのぐらいのことはやりかねないイメージだったのだ。

    1999年には有名な「カーニバル離脱事件」があった。
    98-99シーズンの終盤にリオのカーニバルに参加するためにチームを離れ、その間に当時所属していたフィオレンティーナは優勝争いから脱落してしまった。

    マヌエル・ルイ・コスタ、ガブリエル・バティストゥータを擁した当時のフィオレンティーナはセリエA優勝のチャンスだったのだが、
    バティストゥータは負傷してしまい、そのタイミングで頼みのエジムンドがカーニバルへ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00876840-sportiva-socc
    11/7(木) 6:20配信


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 www.sodensakae.com)


    (出典 king-gear.com)


    (出典 king-gear.com)


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    (出典 Youtube)

    エジムンド アニマルの*スキル集


    【【東京】エジムンド:2001年-2002年に在籍】の続きを読む

    このページのトップヘ