(出典 blog.domesoccer.jp)



1

Jリーグは4日、3日に開催されたJ2リーグ第8節モンテディオ山形対ファジアーノ岡山において、「勝敗の決定に影響を及ぼす、担当審判員による明らかな競技規則の適用ミスがあったことが確認されました」と発表した。

 Jリーグは、「本事案について日本サッカー協会(JFA)を通じて国際サッカー評議会(IFAB)にも確認し、当該試合の取り扱いについて速やかに協議した上で決定いたします」と続けてコメントしている。

 トラブルが起きたのは前半9分。山形のDF半田陸がバックパスを送ると、ゴールマウスに向かっていったボールを後藤雅明が横っ飛びで阻止。バックパスは手で扱うことが許されていないため、清水修平主審は岡山に間接FKを与えた。加えて清水主審は後藤にレッドカードを提示して退場処分も下した。

 しかし、競技規則には「ゴールキーパーが自分のペナルティエリア内で認められていないにもかかわらず手や腕でボールを扱った場合、間接フリーキックが与えられるが、懲戒の罰則は与えられない」と明記されており、このレッドカードは誤った競技規則の適用によって出されたものとなった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f1f2424f87d4975541ac248a20b8b2bb953e95fc





4

これは再試合あるかな?


5

試合成立でいいよ。あの場にいた全員がわからなかったルールなんだから今更もういいだろ
むしろあれやったら退場でいい


37

>>5
ルールを甘く解釈した敗者乙
競技規則を正しく解釈して後半途中で再試合もあるぞって記事を書いたゲキサカが一番正しかったじゃん


143

>>5
じゃあ今後どんなにしつこく抗議しても主審はイエロー出せなくなるぞ?
主審が間違ってもそのまま試合成立させられるんだから、選手は徹底抗議する権利が発生する


9

今回、論点が2つあることを混同しないように

論点1「そもそも『得点機会阻止』のファウルの正当性」
⇒競技規則や過去の事例では①ノーファールが正解で、
  ②バックパスを認めてプレーを止めることも、裁量の範囲として認められる
  しかし実際は③得点機会阻止(DOGSO)を認めてしまったが、ペナルティエリア内のGKである以上、
  これは【誤審】の可能性が極めて高い

論点2「ファウルを取った後の対処は正しかったか」
⇒①ノーファウルなら当然カードなしでCKから再開
  ②バックパスを認めるなら間接FKで、カードなしと規定に明記されている
  ③得点機会阻止ならレッドカード相当だが、この場合は直接FKを与えなければいけないので
    ペナルティエリア内である以上、PKを与えないといけない
  しかし実際は「レッドカード+間接FK」だったので、①②③どれにも該当せず、
  この点は主審による【競技規則の誤適用】だったことが証明される

で、
【誤審】だけなら再試合の対象にはならない
【競技規則の誤適用】なら、再試合の対象になる

で、今回はJリーグが【競技規則の誤適用】を正式認定した、ってこと


117

>>9
なるほど


10

でもさこんかいのもんだいはそれはそれとしてさ
ルールの方が間違ってねこれ?
手で防がなきゃ明らかな得点機会だった場合にも間接fkだけっておかしくね?


20

>>10
味方のミスキックはそもそも手を使っていいからね。

バックパスで時間稼ぎ出来ないように
する為にこんなルールにしてるだけで
本来、得点機でも何でもないよ


21

>>10
得点の機会って言えるのは、岡山の選手が攻撃に絡んでた時だけなんよ
この場合バックパスで周りに岡山側は誰もいないから当てはまらない


46

>>10
サッカーおいては、このルールを織り込み済みで、キーパーへのバックパスはゴールマウスを外してするのが当たり前
今回は山形のDFが中学生レベルの常識も持ち合わせていなかった

んだけれども、主審が試合規定の適用を誤り、他の審判団もこれを是正出来なかったのは、また別の問題


88

>>46
GKへのバックパスは枠外になんて時代はとっくに終わってるんだが
山形自体がGKがゴール枠内だからバックパスしないなんてスタイルじゃないんだし


11

そもそもバックパスでもない説は?


69

>>11
じゃあ何なんだよw


72

>>69
神セーブ


78

>>69
単なるクリアミスを手でセーブした扱いということだろ
一応そういう実例はある
ただ昨日のは誰がどう見てもバックパスを意図したものだったから間接フリーキック取っても文句は言われないと思う
PKに比べたらそんなに入るもんでもないし


93

>>69
ミスキック


味方競技者のミスキックもパスではないので、手で触れることができます。同様に、味方競技者が相手と競り合いながら足に当たったボールや、シュートブロックしたボールも、パスでないので手で触れることができます。
但し、ミスキックかどうか、足に当たったボール、シュートブロックしたボールが意図的なものだったかどうかは、主審が判断します。主審はプレーの状況と競技者の意図を十分見極めて、的確に判断しなければいけません。ですので、ゴールキーパーは紛らわしいと思えば手で扱わないことです。


109

>>93
選手の意図なんてわかんねえしそのルールの方が問題だと思うわ


140

>>109
試合は審判の裁量に任せてるからな
不満述べられても困るわ


146

>>109
だからそこは主審の判断で
意図的なパスがずれただけと考えるなら止めた地点で相手の間接フリーキック
ミスキックと考えるならばプレー続行としていいわけ。
それは主審の裁量というか判断が優先される範囲。
それがサッカーだから。

今回のはそういうのとは別次元のお話なので。


149

>>146
全部間接フリーキックで良いと思うけどな


167

>>149
個人的には同意するよ。
俺が主審なら、GKに対してパスする意図はあったと考えるから、それを手で扱った以上間接FKだと考える。
(この場合結果的にボールがゴールに向かっただけだし)

ただそう考えない主審がいたとしても丸々否定はしない。


148

>>109
じゃあどうしろと言うんだって話よ
敵味方に分かれて競技してる以上、審判が主観的に判断するしかない


22

4人もいた審判が全員間違ったのが悲惨すぎる


38

>>22
そんな分かりにくい規則って欠陥規則なのでは?


49

>>38
通常は〇〇だが☓☓の場合は△△としないって書き方は一番わかりやすいんだが


52

>>38
わかりにくいとかじゃなく勉強不足なだけでしょ


58

>>52
選手監督含めてあの場に誰一人勉強十分な人がいなかったって意味?


63

>>58
選手とか監督は関係ないでしょ


65

>>58
ていうかカードを人質に取られてる選手は実質抗議できないでしょう?


84

>>58
審判に抗議は厳密には反則


25

時間かかったけど、ちゃんと正しい発表をしたのはよかった


34

結局どうすれば良かったと?


42

>>34
正解:   ノーファールでCKにする
許容解: 間接FKにしてカード出さない
誤審だけど再試合回避できる: レッドカード出してPKを与える

この3つのどれかをやれば再試合は回避できた


57

>>42
ノーファールでCKは審判的には無理だろ
キーパーがそうすべきだった、ならわかるが


64

>>57
ノーファールは過去に実例があるんだよ


74

>>64
あれミスキック扱いにするってことか?


75

>>57
これより前に書かれた3級審判講座みたいなブログではスルーを正解(許容が間接FK)にしてたな


61

>>42
さすがにレッドPKは無理だろw
それやられたらさすがに山形はその時点で続行拒否してたと思う


68

>>61
主審の主張をそのまま適用するなら、PKを与えないといけない規則になる
(もちろん、その主審の主張そのものが誤審だけど)


95

>>42
レッド+PK出すような奴が資格取れる訳ないだろ、常識的に考えろよ


106

>>95
「その主審の主張通りで考えるなら」
という前提だから
そこ間違えないでね

主審が得点機会阻止のハンドを認めるなら
これはレッドカード+直接FK要件になるから
自動的にPKを与えないといけなくなる
なお、ハンドの場合はPKによる処分ワンランクダウンはしなくても良い

なのでレッドカードを出したのに間接FKにしたから適用ミス、ってわけ


47

4人も審判いて止められないのはルールがおかしいんだろう
その場にいた4人全員が止められなかった
こんなの有り得ない