アルフォンソ・ボイル・デイヴィス(Alphonso Boyle Davies,2000年11月2日 - )は、ガーナ・ブドゥブラム出身のカナダ人サッカー選手。ブンデスリーガ、FCバイエルン・ミュンヘン所属。カナダ代表。ポジションはフォワード、ディフェンダー 2017年6月、カナダ代表史上最年少デビ
25キロバイト (2,317 語) - 2020年8月26日 (水) 00:35



(出典 portal.st-img.jp)



1 伝説の田中c ★ :2020/08/27(木) 20:50:32 ID:CAP_USER9.net

 海外サッカー、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)は現地時間23日、決勝が行われ、バイエルン・ミュンヘンがパリ・サンジェルマンを1-0で下し優勝を果たした。同クラブにとって6度目の栄冠の裏で、カナダ人として初のCL制覇を達成したアルフォンソ・デイビスの“物語”に英メディアが注目。「難民からCL王者へ」と報じている。

 今季ドイツ王者でブレイクしたカナダ代表のデイビス。左サイドを快速で駆け上がり、鋭いドリブルで幾度となくチャンスを演出するなど、バイエルンにとってすでに欠かせない戦力になっている。CL決勝でも左サイドバックとして先発フル出場し優勝に貢献した。

 今でこそ飛ぶ鳥を落とす勢いの19歳だが、ここまでの道のりは険しいものだった。英紙「インディペンデント」は「『何だってできるんだ』:バイエルン・ミュンヘンのアルフォンソ・デイビスが難民からチャンピオンズリーグ王者へ上り詰めたことについて語る」と題した記事で、デイビスがガーナの難民キャンプからカナダへ渡ったことを紹介。同選手が試合後に英衛星放送局「BTスポーツ」のインタビュー内で視聴者へ贈った言葉を紹介した。

「自分の物語は、決意を強く持てば何だってできるんだということを示している。メダルを首から下げ、トロフィーが自分のそばにあって幸せだよ」

 ガーナの難民キャンプからカナダへ渡り、2016年にホワイトキャップスでわずか15歳にしてプロデビュー。その4年後には欧州最高の舞台で頂点に立った。「ヨーロッパへきてバイエルンのような偉大なクラブでCL優勝を果たせるのは、自分が求めるられる最上級のことだ」と同インタビュー内で喜びを噛みしめたデイビス。19歳の夢物語は始まったばかりだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f34ed1b790a7e79aebf11dc204a570969ebe2bbc




25 名無しさん@恐縮です :2020/08/27(木) 22:16:07 ID:vLWWPpwc0.net

>>1
何だって出来るんだ
たくましいな



4 名無しさん@恐縮です :2020/08/27(木) 20:53:17 ID:dFdtSDc50.net

才能がすごい



5 名無しさん@恐縮です :2020/08/27(木) 20:55:40 ID:LNFYVtDo0.net

カナダ人で初ってのが意外



8 名無しさん@恐縮です :2020/08/27(木) 20:59:55.25 ID:iM+hZxII0.net

ガーナからカナダに行ったの?
陸地移動は危険だったか封鎖されてたのか



16
名無しさん@恐縮です :2020/08/27(木) 21:21:26.16 ID:UtOXAPW20.net

>>8
親がリベリア難民
ガーナの難民キャンプで生まれて5歳までそこで育つ
カナダで難民申請してカナダの市民権を得る
現在はリベリアとカナダの二重国籍(一時はガーナ国籍も持っていたようだが放棄したようだ)
彼女はカナダ代表のサッカー選手でPSGの女子チーム所属



11
名無しさん@恐縮です :2020/08/27(木) 21:04:07 ID:UFiiUh5h0.net

若い頃苦労したんだ



26
名無しさん@恐縮です :2020/08/27(木) 22:22:48.31 ID:HJIdevaH0.net

これからは難民キャンプのみんなを助けてやってくれ!